最新精神医学25巻5号

最新精神医学25巻5号(通巻第145号)

目次:

特集「運動と精神医学」
 メンタルヘルスを増進する運動の有益性に関する
  動物からヒトへの橋渡し研究
               平賀大一・他

 PTSDの原因~改善因子としての運動・スポーツ:
  複雑性PTSDの生物・心理・社会モデルをふまえた理論
               原田誠一
   
 うつ病治療における運動療法の位置づけと役割
               堀  輝

 睡眠におよぼす運動の影響
               永松俊哉

 運動と認知症
               木村成志

 芸術はどのような運動か
               河本英夫

教室症例検討会 シリーズ6
 寛解維持目的のラモトリギンにより,電気けいれん療法の発作の質が
  低下した治療抵抗性統合失調症の1例
               田中優樹・他

原著
 認知症高齢者の犯罪を考える:司法精神医学の立場から
               佐藤研一

 ブレクスピプラゾールによる救急急性期統合失調症治療の
  有用性についての検討
               石塚卓也

 福島第一原子力発電所事故による避難指示解除後の
  精神障がい者のサービス利用状況
               大類真嗣・他

研究報告
 単科精神科病院における慢性の薬剤性便秘の現状:
  その病態と治療を中心に:
   ルビプロストンとエロビキシバット水和物の使用経験
               岩崎信三・他


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。