書籍紹介『復刻版 人生の本舞台』

復刻版 人生の本舞台

−尾崎行雄の信念と生き方−

著 尾崎行雄
編 石田尊昭
高橋大輔

全ての志ある人々へ今だからこそ読んで欲しい。
老若男女を問わず
「本舞台は常に将来にあり」。


発売元:世論時報社
発売日:2014/9/25
 定価:861円+税

※全国の各書店からもお買い求めいただけます!

過去はすべて人生の予備門で、
現在以降がその本領だと信じて生きる



本書について  尾崎行雄(おざき ゆきお)

『復刻版 人生の本舞台』
−尾崎行雄の信念と生き方−


ー著者プロフィールー

日本の政治家。
日本の議会政治の黎明期から第二次世界大戦後に至るまで衆議院議員を務め、当選回数・議員勤続年数・最高齢議員記録と複数の日本記録を有することから「憲政の神様」「議会政治の父」と呼ばれる。




ー主な目次ー

まえがき/知識経験の蓄積ほど尊いものはない/天下の至宝を放擲する人々/
過去は予備門、未来が本舞台/知識経験の増加と体力の減少/
道具立てが揃う頃は舞台より隠退/人間は何のために生まれてきたか/
私がこんな事を考えるに至った動機/更生をめざす人々へ/私の長寿と健康/
頭の使い方/あとがきーそれぞれの本舞台/尾崎行雄・略年譜

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。