漢方と最新治療 24巻2号

漢方と最新治療 第24巻 第2号(通巻第93号)

目次:

特集「総合診療と漢方」
 序論:なぜ総合診療と漢方が論じられるのか
               小暮敏明

 第一部:総合診療における漢方診療の現状
 総合診療科における漢方の意義について
               貝沼茂三郎
   
 これからの医療と医学教育改革:
  全人的医療,総合診療,そして漢方
               佐藤寿一

 総合診療科での漢方診療の実際
               山川淳一・他

 第二部:プライマリ・ケアに漢方を活かす
 急性感染症:治療
               鍋島茂樹

 急性感染症:予防-高齢者のインフルエンザワクチンに対する
  漢方薬アジュバント効果に関する臨床研究-
               後藤博三・他

 総合診療医が診る心身症に用いる漢方薬
               浅羽宏一
 
 めまい:漢方を活用してこそ診療が楽になる
               竹越哲男・他

生薬の謎を解く薬理講座 38
 陳 皮
               雨谷 栄

臨床研究
 脳血管障害後遺症患者の便秘症状に対する
  漢方薬大建中湯を用いた前向き比較試験
               沼田健裕・他

 神経刺激徴候,神経脱落所見のある腰痛症に対する漢方薬の治療経験
               岩田康男

症例報告
 女性保健薬(当帰川芎製剤)の適応病態と配合生薬の薬能と薬対:
  新女性保健薬の開発を目指して
               谿 忠人
 


<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。