最新精神医学24巻2号

最新精神医学24巻2号(通刊第136号)

目次:

特集「アウトリーチ型医療の現状と課題」
 ACTチームと取り組む認知行動療法
               佐藤さやか

 英国メリデン版訪問家族支援(Family Work)の日本への導入の試み
               佐藤 純
   
 アウトリーチとオープンダイアローグ
               斎藤 環

 テレビ電話を活用した遠隔曝露反応妨害法の実践と今後の展望
               垂水沙梨・他

 うつ病に対するインターネットや遠隔通信技術を用いた認知行動療法の可能性
               佐々木洋平・他

 インターネットを用いた学校精神科支援の可能性
               関﨑 亮

 地域社会と自殺:自殺対策の観点から
               太刀川弘和

原著
 ドメスティック・バイオレンスの被害者への精神科医の関わりについて
  考える:婦人保護施設での診療経験より
               今中章弘・他

研究報告
 うつ病・うつ状態に対するセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬の
  処方実態ならびに薬剤選択把握に関するインターネット調査
               野本佳介・他

症例報告
 アルコール依存症を背景に持つMOH患者に対してvenlafaxineと
  認知行動療法の併用が奏功した1例:MOHを依存症の観点から再考する
               井上 悟
 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。